競馬談義/血統指数から適性を読み解くブログ

競馬予想を主に。キャロットクラブを少々。競馬の予想は血統指数を中心に少し味をつけて予想しますが、指数のとおり買った方がという結果も多々。モットーは「少ない点数、少ない金額で馬券を当てて翌週、競馬場に行きたい」です。キャロットクラブは毎年1頭出資を目標に充実したキャロットライフを目指します。

キャロットクラブ2017年/2歳馬分析(フラットレー、トゥザフロンティアなど)

 

現在、キャロットクラブの募集の真っただ中ですが、

昨年の募集馬は当然ですが、今、2歳、笑。

 

上手くデビュー戦にたどり着き、

輝きを放った馬も数頭います。

夏の勝ち上がり馬を昨年の分析とともにまとまてみました。

自身の愛馬:ライレローズも順調に10月の東京デビューにたどり着けるように祈るばかりです。

 

ヴァイザー 牡2 

父:ノヴェリスト(Blandford系統)

母父:アドマイヤベガ(SS系統)

高橋亮厩舎。阪神1400m新馬戦を勝ち上がり。小倉2歳ステークスに出走予定です。

 

1歳時の血統分析

母系がアドマイヤベガで柔らかいです。但し、底にNureyevがいてるので柔らかさが削がれノヴェリスト産駒の狙いたい配合からは若干ズレます。2000m戦で先行してうまく粘り込みたい。

 

 

自身の分析と少しズレましたが、先行して粘り込みたいイメージはそのままです。初年度産駒のノヴェリストに出資者の方々の相場眼には感心です。

 

トゥザフロンティア 牡2

父:ロードカナロア(Kingmanbo系統)

母父:サンデーサイレンス(SS系統)

注目のトゥザフロンティアが新馬戦を快勝し、素質の高さを見せました。

 

分析はyoutubeでも行っています。

 


トゥザフロンティア キャロットクラブ 2歳新馬戦快勝 血統診断

 

バイオレントフロー 牡2

父:バゴ(Blushing Groom系統)

母父:SS系統

 

1歳時の血統分析

母系統にしっかりとSS系統を配合しているのですが、SS系統でもST志向の強いダンスインザダークの配合。父でもしっかりとSTが伝わりますので当馬で狙いたいのはやはり中長距離で粘りこむ形。淀の下りでスパートが理想。

 

マイル戦で勝ち上がり、次走は野路菊Sを予定。

自身の分析は阪神よりは京都ですが、マイルよりは1,800m戦なので上昇を期待します。

 

アントルシャ 牝2

父:ノヴェリスト
母父:SS系統

 

 

1歳時の血統分析

ゼンノロブロイは対配合にMr.Prospectorを持つSS後継種牡馬になるので軽さがあります。ここにフレンチデピュティなので父の産駒の中ではSPは大きく補填されています。底のSadler's Wellsが悪さをしなければ中距離向きの馬に仕上がるイメージはあります。

ノヴェリスト産駒であれば当馬が関東18番かなと。

 

中京1400m芝を快勝。

ノヴェリスト産駒2頭勝ち上がりになり、今年の1歳馬募集にも注目です。

次走、もう少しだけ長い距離を試してほしいかなと。

 

コスダクトレス 牝2

父:ホワイトマズル
母父:ジャングルポケット(Grey Sovereign系統)

 

1歳時の血統分析

 

父はNorthern Dancer系統でスタミナ豊富です。母父はジャングルポケット/SS配合馬なので少しPWに寄りますが芝向きの配合。当馬の理想は母系統のイメージに父の先行して粘り込むスタミナを補填する形が一番良さが発揮されると思います。

血統配合、募集金額からしてもクラシック路線というよりはセカンド出資馬の位置づけだと思うので、上手く長距離戦、小回り2,000m-2,600m戦で粘りこみたい。

 

札幌1700mダートを快勝。

スタミナを生かした競馬が理想なのでダートからのスタートは良しかなと思います。

1勝しましたし成長力の高いホワイトマズル産駒、長い競走生活を送れるので楽しみは増しそうです。

 

サクステッド 牡2

 父/タートルボウル(Northern Dancer系統)
母父/アグネスタキオン(SS系統)

 

1歳時の血統分析

母父アグネスタキオンなので芝路線で戦える下地はあります。薄くではありますがNasrullahのクロスもありますので1,800m戦でまずは戦いを見守りたいです。

 

 新潟1800m芝を快勝しました。

タートルボウル産駒で、母父がアグネスタキオン。上手く粘りと柔らかさが伝わり良い方向に仕上がった印象。今後の活躍にも期待です。

また、小西厩舎はピンクブーケをみてもそうですが、上手く仕上げてくれます。決して高額馬でもありませんし、こういった厩舎にもう少し馬を預託してほしいと思います。

 

フラットレー 牡2


父:ハーツクライ(SS系統)

母父:ホーリング(Sharpen Up系統)

 

1歳時の血統分析

毎年考察する母系統がHalling(Fairy King)」でキャロットおなじみの配合です。父の特徴に母系統の“持久力とPWで粘りこむ”タイプのイメージを重ねると良いと思います。父がハーツクライですので当然、今までの産駒で一番芝、東京中距離向き。ハーツクライディープインパクト有馬記念で退けたような先行して脚を伸ばす横綱す競馬を理想とします。

 

札幌1800mを快勝しましたが、東京でこそと思うので秋の東京開催で番手抜けだしの競馬を見たいです。

 

レイエンダ 牡2

父:キングカメハメハ

母父:Roberto系統

 

1歳時の血統分析

母系統がRoberto/Mr.Prospecter配合馬なので力強さが前面に出ています。となると狙いたいのはダート戦線での活躍になり中山1800mダート戦で捲ってくるレースをイメージします。

札幌1800m戦を大味な競馬でしたが、快勝。

その後に骨折が判明したのは残念ですが、まだまだ成長の余地あり。

個人的にはダート戦で超A級馬になってほしいと期待をかけているので将来的にはジャパンカップダートからのドバイへ。

 

レーチェル 牝2

 

父/マンハッタンカフェ(SS系統)

母父/モンズーン(Blandford系統)

 

1歳時の血統分析

万能型の父はSS後継種牡馬の中でも母系の特徴を生かす種牡馬です。注目の母系統は独牝系/Sadler's Wellsなのでかなり重厚、産駒は中、長距離で粘りこむ競馬が向きそうです。

福島1800戦を快勝も怪我が判明しました。

残念ですが、まだまだ2歳。これからに期待します。

 

 

 

夏の2歳戦はキャロットクラブが猛威を振るった印象あり。

高額馬もリーズナブルな馬も結果を出しているところが安定感のキャロットクラブ。

 

今年の1歳馬も様子見は難しい状況なので自分の先見性、相場眼を信じて1票を投じましょう、笑。

 

みなさんの評価いかがでしょうか。

youtubeでも動画公開しています。

チャンネル登録いただければ嬉しいです。

 


キャロットクラブ 2017年1歳馬募集厳選7頭(関東)

 


キャロットクラブ 2017年1歳馬募集厳選10頭(関西)