競馬談義/血統指数から適性を読み解くブログ

競馬予想を主に。キャロットクラブを少々。競馬の予想は血統指数を中心に少し味をつけて予想しますが、指数のとおり買った方がという結果も多々。モットーは「少ない点数、少ない金額で馬券を当てて翌週、競馬場に行きたい」です。キャロットクラブは毎年1頭出資を目標に充実したキャロットライフを目指します。

2017年 キャロットクラブ1歳馬募集(簡易血統分析) /関東入厩馬No.1~No.20

キャロットクラブ2017年1歳馬募集 簡易血統分析

 

キャロットクラブ1歳馬募集が始まりました。約10年簡易分析してきましたので今年もしてみました。

つたない血統知識のため毎年書いていますが、ナナメ読み程度で、また気になる募集馬が酷評の場合もナナメ読み程度でよろしくお願い致します。

 

では、関東の募集馬前半/ディープインパクト産駒から

関西入厩馬 No1~No20 までです。

 

2017年 キャロットクラブ(2016年度産)1歳馬募集簡易血統分析

関東入厩馬No.1~20

 

(簡易血統分析)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ディープインパクト産駒>

[特徴/狙い]

ディープインパクト産駒の種付け料を考えると、募集金額が安価に抑えられている馬は少し怖い印象。

高額の馬でクラシック制覇の夢をかなえたい。

血統面での特徴は、一貫して以下の2配合を黄金配合としての位置づけをしています。

(黄金A配合) 対配合に「スピード型Northern Dancer系統+柔らかい系統」

(黄金B配合) 対配合に「パワー型Northern Dancer系統+パワー系統」

 

この2つの黄金配合に注目し、分析を行います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

1 レーヴディマンの2016 牡

父:ディープインパクト(Halo系統)

母父:Highest Honor(ゼダーン系統)

 

[分析]

母系統に「Highest Honorバイアモン」なのでNasrullahクロスになり柔らかいのですが、ディープインパクト産駒には柔らかさ一辺倒よりもスピード型やパワー型を配合してほしいのが本音。そして根幹に非Northern Dancer系統という点からも総合力比べになると不安が残り、瞬発力というよりは上がりのかかる展開で差し込んでくる重厚さが売りになりそうです。

[距離適性] 

小回り2,000m芝(※小倉2000mは鬼かも)

[募集総額8,000万円/一口20万円]

 

2 リッチダンサーの2016 牝

父:ディープインパクト(Halo系統) 

母父:Halling(Sharpen Up系統)

 

[分析]

キャロットゆかりのリッチダンサー、配合は「Halling+Fairy King」。今年はディープインパクト産駒です。

父の特徴に母系統の持久力とパワーで粘りこむタイプのイメージを重ねるといいと考えます。

ディープインパクトというと京都1800m戦なので芝中距離で先行して粘りこむ形が理想。

[距離適性] 

京都1800m芝

[募集総額6,000万円/一口15万円]

 

3 オリジナルスピンⅡの2016 牝

父:ディープインパクト(Halo系統)

母父:Distorted Humor(Mr.Prospector系統)

 

[分析]

母系が「Mr.Prospector系統+Mahmoud系統」になります。ディープインパクトMr.Prospectorとなると京都などの広いコースの中距離路線でという印象はありますが、母系統の根幹が非Northern DancerなのでG1戦線などの総合力比べになった際に弱い面が出る懸念は持ちます。

[距離適性] 

京都1800m芝

[募集総額5,000万円/一口12.5万円]

 

4 クルソラの2016 牝

父:ディープインパクト(Halo系統)

母父:Candy Stripes(Blushing Groom系統)

 

[分析]

母系統は「Blushing Groom系統+Nasrullah系統」なので②と近い配合になります。少しあがりのかかる展開で差し込んでくる競馬向き。

母系統根幹に非Northern Dancer系統なのでクラシック戦線での総合力比べになると少し不安です。

そして全姉のクルミナルの募集の際にも同じコメントをして、クラシックでしっかりと走られ反省。。。という結果も過去ありましたが、如何に。

[距離適性] 

2,000m芝

[募集総額5,600万円/一口14万円]

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<キングカメハメハ産駒>

■特徴

キングカメハメハは近年、種付け頭数を抑えられていますので遺伝力という点には注意が必要ですが、近年の日本競馬の非サンデー系統の大黒柱としての活躍しております。

募集馬の肌馬の特徴が産駒にも伝わります。

こちらも以下の2点に注目しています。

(黄金配合A/芝向き) 対配合に「Nasrullah系統」、「母父サンデー+Nasrullah系統」

(黄金配合B/ダート向き) 対配合に「パワー要素が全面にでる配合」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

5 ディアデラノビアの2016 牡

父:キングカメハメハ(Mr.Prospector系統)

母父:サンデーサイレンス(Halo系統)

 

[分析]

「黄金A配合/芝向き」 キャロットクラブおなじみのディアデラノビア産駒になります。この配合は毎年絶賛している配合で、母系に「サンデーサイレンスナスルーラ」配合。母系が柔らかく芝向き。

過去:2010年 ディアデラマドレ 16戦6勝 愛知杯、府中牝馬S、マーメイドS勝ち。

[距離適性] 

阪神1800m外 芝

[募集総額7,000万円/一口17.5万円]

 

6 グレースランドの2016 牝

父:キングカメハメハ(Mr.Prospector系統)

母父:トニービン(ゼダーン系統)

 

[分析]

「黄金A配合/芝向き」 当馬の母系統は「トニービン+ディクタス(NT)」配合。底のノーザンテーストが邪魔をしなければ、母系が非常に柔らかく、非サンデー系統でも芝向きのバランスの良い配合です。

当然、クラシックを意識したい配合になります。

今年のキングカメハメハ産駒では⑨と並び黄金配合ですが、⑨には母馬優先がありますので個人的にはこちらの馬で勝負したい。

[距離適性] 

阪神、東京1600~2400m芝

[募集総額2,200万円/一口5.5万円]

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ハーツクライ産駒>

■特徴

ハーツクライはその配合自体がサンデーサイレンスの配合としては黄金配合で、完成された感があります。そのため如何に母系で邪魔をしないかがポイントに考えます。

狙いは以下の2点。

  1. パワー型Northern Dancer系統を肌馬に持ってきてパワーを補填
  2. アウトブリードの肌馬

ただし、全てにおいて基本的には距離適性は短くなりそうですのでそこは注意したいと考えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

7 アディクティドの2016 牝

父:ハーツクライ(Halo系統)

母父:ディクタット(In Reality系統)

 

[分析]

母系統の全体をみるとパワー的要素もあるのですが、それよりもスタミナ要素の強い血統が配合されています。となるとハーツクライが持つスピード能力の高さを削ぎ、スタミナ能力を補填する感じになり少し重厚感が出てしまう印象。距離適性は短くなりますので1400m戦などで粘りこむ形に持っていければという印象。

[距離適性] 

1400m芝

[募集総額3,000万円/一口7.5万円]

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<オルフェーヴル産駒>

■特徴

ステイゴールド黄金配合は母父に配合されているノーザンテーストの伝わり方次第で柔らかいか東京向きになるか、小回り向きの馬になるか分かれるイメージです。

オルフェーヴルは東京でも強さを発揮しましたが、一番強かったのはやはりラストランの有馬記念。全兄ドリームジャーニー同様です。

産駒にはノーザンテーストの影響を意識しつつ柔らかい配合を期待

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

8 ヒルダズパッションの2016 牡

 

父:オルフェーヴル(Halo系統)

母父:Canadian Frontier(Mr.Prospector系統)

 

[分析]

母系配合が[Mr.ProspectorEl Prado]になります。全体配合を見ても悪くはないのですが、これぞという配合でもない感じを持ちます。芝向きだとは思うのですが募集金額が高いと狙いづらいですし、低いとそれはそれで心配です。

[距離適性]

1800-2600m芝

[募集総額6,000万円/一口15万円]

 

 

9 ビキニブロンドの2016 牡 

父:オルフェーヴル(Halo系統)

母父:キングカメハメハ(Mr.Prospector系統)

 

[分析]

母系配合が[キングカメハメハアドマイヤベガ]になりかなり柔らかいです。となると、オルフェーヴル産駒の狙いである母系統波形に柔らかい配合がされていますので、大箱芝向きの配合、Haloのクロスが父、母に入りますので1600~1800mで仕上がれば上々です。

良い配合です。

母:ビキニブロンド自身は短距離志向の強い馬でしたが、個人的にはもう少し距離適性は延びてくるかと。

[距離適性]

阪神1600-1800m芝

[募集総額2,000万円/一口5万円]

 

10 フレンチバレリーナの2016 牝 

父:オルフェーヴル(Halo系統)

母父:フレンチデピュティ(Deputy Minister系統)

 

[分析]

関西入厩53) ヴィートマルシェの2016と同じ母父になるのですが、当馬の場合は底にSadler’s Wellsが配合されており、募集53) よりスピード面に不安が残ります。芝向きの配合馬になりマイル路線で粘りこみを図りたい配合馬。

[距離適性] 

中山1400-1600m芝

[募集総額2,000万円/一口5万円]

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ロードカナロア産駒>

■特徴

ロードカナロアの特徴は母系統の「Storm Cat+His Majesty」の配合。スピード豊かに先行して粘りこむ形、まさに自身の競走成績そのままです。これは父:Kingmanbo系統の対配合の良さを活かす特徴にも影響があると思います。産駒は父の「Storm Cat+His Majesty」の配合を意識していきたい。個人的にはやはり母系統にパワーよりの配合馬を。再度世界のロードカナロアを再現してほしいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

11 ラドラーダの2016 牡 

 

父:ロードカナロア(Mr.Prospector系統)

母父:シンボリクリスエス(Roberto系統)

 

[分析]

ダービー馬レイデオロを輩出し、存在価値が高まるばかりの母ラドラーダの2017年1歳馬募集は父:ロードカナロアで募集です。ダート戦線での超A級馬誕生を期待する配合。ロードカナロアキングカメハメハにパワー的な要素を補填した種牡馬。マイル前後を先行するとその母系の「Storm Cat+His Majesty」で押し切ってしまう配合です。ここにRoberto系シンボリクリスエスSeeking the Goldなのでさらにパワー要素を補填しています。これはロードカナロア産駒の狙いに合致します。1400-1600m戦で活躍を期待。フェブラリーSでの直線抜け出す姿を見たいです。

 

※ちなみにレイデオロはダービー馬ですが、個人的には恥ずかしながら、まだダート戦線でこそ。ジャパンカップダートで見たいと思っております。

 

[距離適性] 

1400m-1800mダート

[募集総額14,000万円/一口35万円]

 

12 ミスティックリップスの2016 牡

父:ロードカナロア(Mr.Prospector系統)

母父:ジェネラス(Nijinsky系統)

 

[分析]

母系はヨーロッパ向きの重たい配合になりますので、ロードカナロア産駒の狙いからはズレます。

父のスピードが削がれないかが心配ですが、距離的にはマイル路線で粘りこむ競馬になりそうですが、京都や新潟などの軽い馬場よりは洋芝、荒れ馬場が向きそうです。

[距離適性] 

洋芝1200m-1800m

[募集総額3,600万円/一口9万円]

 

13 スカーレットベルの2016 牝

父:ロードカナロア(Mr.Prospector系統)

母父:エリシオ(Northern Dancer系統)

 

[分析]

ダノンリバティの半妹になります。母系配合はNorthern Dancerサンデーサイレンスなので少しパワー要素の強い芝中距離向きの配合。ここにロードカナロアなので距離適性はもう少し短くなり1200-1800m向き。ダノンリバティ同様芝ダート兼用馬になりそうです。

[距離適性] 

1200-1800m芝ダート

[募集総額2,800万円/一口7万円]

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ダイワメジャー産駒>

■特徴

ダイワメジャー産駒は「サンデーサイレンスノーザンテースト」の配合馬でその配合とおりの小回りを先行して押し切る競馬が向きました。その特徴は産駒にも伝わると思うので母系統で柔らかければ京都、東京などの1800m戦まで、母系統がパワー配合なら京都、阪神なら1400m戦まで中山なら1600m戦までで押しきる競馬になりそうです。

※今年のダイワメジャー産駒は良い配合ばかりです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

14 コンカランの2016 牡

父:ダイワメジャー(Halo系統)

母父:ジャングルポケット(ゼダーン系統)

 

[分析] 母系配合が「ジャングルポケットBold Ruler系統」になりますのでNasrullahのクロスになり柔らかさがあります。芝路線で活躍を期待配合になりますが、「SS+NT」が根幹のダイワメジャーと「トニービン+Nureyev」が根幹のジャングルポケットなので軽い馬場よりは力のいる馬場。東京よりは中山、新潟よりは札幌という印象は持ちます。

[距離適性]

中山1,800m芝

[募集金額 2,800万円/一口7万円]

 

15 カメリアローズの2016 牡

父:ダイワメジャー(Halo系統)

母父:ホワイトマズル(Lyphard系統)

[分析]

母系配合が「Lyphardテスコボーイ」、父ダイワメジャーなので京都マイル戦などで先行したい配合。

全兄:ダローネガ同様に先行して安定感のある走りが希望。長く活躍を期待したい配合です。

[距離適性]

京都1600-1800m芝

[募集金額 3,600万円/一口9万円]

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(ジャスタウェイ産駒)

■特徴

種牡馬 ジャスタウェイ産駒の特徴はまずその父:ハーツクライから受けた血統的な特徴に肌馬との配合を見て判断したいと考えます。

ハーツクライの特徴は以下のとおり-

ハーツクライはその配合自体がサンデーサイレンスの配合としては黄金配合で、完成された感があります。そのため如何に母系で邪魔をしないかがポイントに考えます。一番の狙いはパワー型Northern Dancer系統を肌馬に持ってきてパワーを補填しているか、アウトブリードの肌馬であるか。

ただし、全てにおいて基本的には距離適性は短くなりそうですのでそこは注意したいと考えます。

ジャスタウェイは母系にHyperionが2本経由する配合なのでパワー的な要素が強く、父の根幹とのクロスも発生しない点が好印象な配合。距離適性は短くなりましたが、中山でも東京でもこなせる1600~1800mベストの馬でした。

 

これがジャスタウェイの血統配合の特徴になります。

 

初年度産駒での狙いとしては、

  1. 父系統のゼダーン系統と肌馬でNasrullahのクロスが配合されると芝中距離路線で瞬発力を生かす競走馬に。1800~2400m向きの芝馬。
  2. 父系統のパワー要素の強い面に肌馬自体の配合もパワーに寄っている場合はより短距離志向の強い競走馬に。1200~1400m向きの芝ダ兼用馬に。

という位置づけで狙いを立ててみたいと考えます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

   

16 アウトオブタイムの2016 牡

父:ジェスタウェイ(Halo系統)

母父:Panis(Mr.Prospector系統)

 

[分析]

母系にMiswakiの3×4クロスが入りパワー要素が強く、距離適性は短くなります。

京都1200~1400m戦で押し切る競馬が向きそうなイメージを持ちます。

[距離適性] 

京都1400m芝

[募集金額 1,800万円/一口4.5万円]

 

17 スルーレートの2016 牝

父:ジェスタウェイ(Halo系統)

母父:フレンチデピュティ(Deputy Minister系統)

 

[分析]

18) キューの2016と同じ根幹で、分析もほぼ同じになります。

母父がDeputy Minister系統ですが、父、母を通じてしっかりとNasrullah系統が数本経由します。少し柔らかくなりますので、京都などのマイル戦で差し込む競馬が理想です。

[距離適性] 

京都1600m芝

[募集金額 1,600万円/一口4万円]

 

18 キューの2016 牝

父:ジェスタウェイ(Halo系統)

母父:フレンチデピュティ(Deputy Minister系統)

 

[分析]

17) スルーレートの2016と同じ根幹で、分析もほぼ同じになります。

母父がDeputy Minister系統ですが、父、母を通じてしっかりとNasrullah系統が数本経由します。少し柔らかくなりますので、京都などのマイル戦で差し込む競馬が理想です。

[距離適性] 

京都1600m芝

[募集金額 2,000万円/一口5万円]

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ルーラーシップ産駒>

■特徴

ルーラーシップは「キングカメハメハ最高の配合馬」になり、抜群のキレを誇ります。母系でパワー型を配合するよりは、やはり母父サンデーサイレンスを配合しそのまま瞬発力を受け継ぐことがベターに考えます。キングカメハメハ産駒との違いはルーラーシップ自身が十分、柔らかいので、柔らかくなり「過ぎない」ことかと。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

19 ケイティーズジェムの2016 牡

父:ルーラ-シップ(Mr.Prospector系統)

母父:ディープインパクト(Halo系統)

 

[分析]

母系配合が「ディープインパクト+Sharpen Up」なので柔らかくなりすぎていない点は好印象です。マイル~中距離が好走レンジと思いますので、夏の新潟1800m戦でデビューを迎えたい。

[距離適性]

1600-1800m芝

[募集金額 2,400万円/一口6万円]

 

20 マイティースルーの2016 牝

父:ルーラ-シップ(Mr.Prospector系統)

母父: クロフネ(Deputy Minister系統)

 

[分析]

母系統に非サンデーサイレンスルーラーシップ産駒は今年、当馬だけです。

クロフネSeattle Slew」配合なのでダート向きのスピードは豊富です。父、母でクロスが入る点や非サンデーサイレンスからも、1400mあたりの芝、ダート問わず活躍を期待したい印象です。

[距離適性]

1400m芝、ダート

[募集金額 2,000万円/一口5万円]

 

■関東No.21~41の簡易血統分析はこちらから

keibadangi.hatenablog.com

 

■関西No.42~62の簡易血統分析はこちらから

keibadangi.hatenablog.com

■関西No.63~81の簡易血統分析はこちらから

keibadangi.hatenablog.com

■地方No.82~85の簡易血統分析はこちらから

keibadangi.hatenablog.com

■2017年度1歳馬募集 厳選馬の公開はこちらから

 

キャロットクラブ 2017年1歳馬募集厳選7頭(関東) - YouTube

 

キャロットクラブ 2017年1歳馬募集厳選10頭(関西) - YouTube