競馬談義/血統指数から適性を読み解くブログ

競馬予想を主に。キャロットクラブを少々。競馬の予想は血統指数を中心に少し味をつけて予想しますが、指数のとおり買った方がという結果も多々。モットーは「少ない点数、少ない金額で馬券を当てて翌週、競馬場に行きたい」です。キャロットクラブは毎年1頭出資を目標に充実したキャロットライフを目指します。

レパードS(2017)予想/エピカリスとの距離は詰まっているか

 

夏の新潟:3歳ダート重賞 レパードステークス(G3) ダート1800m戦 です。

 

では血統指数の公開です。

 

① テンザワールド 

② トラネコ 

③ スターストラック 

④ サルサディオーネ 

⑤ エピカリス 

⑥ ノーブルサターン 

 

平均以上の指数を計上しているのでは上記6頭です。

近年のレパードステークスの傾向をみると

 

【1】(血統) Halo系統、Kingmanbo系統、Seattle Slew系統

好走馬の血統を見ると、サンデー系統やキングカメハメハ産駒、そしてSeattle Slew系統など好走が目立ちます。サンデー系統やキングカメハメハ産駒は芝路線でも活躍馬を輩出する血統。Seattle Slew系統はダート戦でキレ味を発揮する血統になります。

 

【2】(脚質) 開催年ごとに差し込み、押し切りなど様々

新潟1800mダート戦となると先行押し切りがブランドですが、ここは3歳馬でも上級戦。スタミナが切れてからの粘りあいというよりは、ダート上級馬の上質なキレ味を堪能するレース。

 

【3】(脚質) 速い上がりを計上できる馬

 

これはダート戦でも上級戦や東京マイルダートなどで速い時計、上がりが求められた時に見られる傾向で、芝でもと思う配合馬が当レースの好走馬にもつながります。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本命 テンザワールド 牡3 岩田康

f:id:keibadangi:20170804193643j:plain■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本命は、テンザワールドになります。 

血統配合はレパードSの好走血統と合致し、血統指数1番。

外枠からの好位置確保は難しいですが、ここは岩田康の手腕に期待するところです。

現3歳馬 ダート最強馬と思われるエピカリスとの差がどこまで詰まっているのかに注目です。

 

相手は、順当に血統2~5番指数馬になります。

2番指数:トラネコ 牡3 武豊

この馬はやはり速い上がりを計上できるのが魅力で近走は凡走ですが、世界の武豊を背に弾ける可能性も少し。

 

人気のエピカリスは5番指数になりますが、平均以上の指数を計上しています。

海外遠征での出走取消からの再出発。

ここで3歳というよりは日本ダート競馬の主役に躍り出るか注目です。

 

 

本命が気になる1頭に。

3連単の3着にソッとマークをしてもらえる予想を目指します。

 

予想はyoutubeでもアップ(土曜日午後あたり)しますので

当たれば、笑 チャンネル登録お願いします☆

 

youtu.be

 

www.youtube.com