競馬談義/血統指数から適性を読み解くブログ

競馬予想を主に。キャロットクラブを少々。競馬の予想は血統指数を中心に少し味をつけて予想しますが、指数のとおり買った方がという結果も多々。モットーは「少ない点数、少ない金額で馬券を当てて翌週、競馬場に行きたい」です。キャロットクラブは毎年1頭出資を目標に充実したキャロットライフを目指します。

函館2歳ステークス(2017)予想/Mr.Pro系統の激走に期待

函館2歳ステークス(GⅢ) 芝1,200m の予想です。

まずは血統指数の公開です。

 

① ベイビーキャズ 

② スズカマンサク

③ ウインジェルベーラ

④ ナンヨープランタン

⑤ モントアレグロ

⑥ ダンツクレイオー

 

デルマキセキ以下と続きます。

次に函館2歳ステークスの傾向ですが、

簡単に4つのポイントを。

 

1)

Halo系統 

2) 

Mr.Prospecter系統

3) 

先行馬  

4)

函館滞在馬

 

 

まずは1)サンデーサイレンスを中心としたHalo系統が存在感をしめしていますが、出走頭数自体が多いので好走、凡走もあります。

Halo系統だからといって手を出すにはあと1つ、2つのスパイスで狙いのHalo系統を絞り込めるかがポイントだと思います。個人的にはHalo系統は差し馬でという印象。

 

そして2)Mr.Prospecter系統については、さすがにHalo系統ほどの出走数はいませんが、高い確率で好走馬を出しています。

 

次に脚質では、3)先行馬を狙いたい。

そして4)函館滞在競馬

これは夏の厳しい暑さの中での直前輸送などにもよりますが、洋芝できっちり結果を出している馬がという点もあるかなと。

 

上記1)~4)のポイントを加味して

 

本命は ベイビーキャズ 牡2 ルメール

 

f:id:keibadangi:20170722085841j:plain

 

少ない金額で馬券構成をするにあたり、やはり高い確率で好走馬を輩出しているMr.Prospecter系統からとなります。

その系統を父に持つ馬は6頭。血統指数でも上位を独占していますのでその中での血統指数1番の馬から素直にという考えです。

本命 ベイビーキャズは前走1,000m戦というだけが心配ですが、

滞在馬ですし、ここは一発激走を期待。

 

相手本線は、

時計というよりは、きっちり函館1200m戦を新馬で勝ち上がっている滞在馬からになり

3+1頭。

 

スズカマンサク 牡2 ティターン

ウインジェルベーラ 牝2 松岡

ナンヨープランタン 牝2 岩田

 

そして、未勝利戦勝ち上がり

ダンツクレイオー 牡2 池添

 

上記4頭相手の馬券構成かなと。

 

少ない点数でというのがモットーなので本命馬から上記馬への馬単マルチが一番馬券の質的には買いやすいですが、人気を少し相談しながらのなりそうです。

 

 

予想はyoutubeでも公開しています。

チャンネル登録お願いします(^◇^)。

 

www.youtube.com